PythonMania

普段はロボットとAIを組み合わせて色々作ってます。Python関係以外も色々投稿していくと思います。

Windows10 +VirtualBox でUbuntu16.04環境をつくる

 Windows10 +VirtualBox でUbuntu16.04環境をつくる

f:id:mizuhiki0111:20180807181646j:plain

 

 

 

 

PythonSDKでPepperを操作したいが、どうやらWindows10(64bit)ではPythonSDKが動かないらしい。

 

 

 

Linux環境では動作するようなのでVirtualBoxを使ってWindows10にUbuntu16.04環境を作ることに。

 

 

Ubuntuの最新バージョンは18.04 LTSであるが、こちらで試したところうまくPython2.7のライブラリがうまく動作しなかったので今回は16.04を使います。

 


以下開発環境

 

Windows10 Home (64bit)

 

VirtualBox

 

Ubuntu16.04

 

 

 

手順としてはVirttualBoxをインストールし、Ubuntu16.04のISOイメージを読み込ませて仮想環境を作っていきます。

 

 

①ViirtualBoxのインストール

 

以下からVirtulBox5.2.16をダウンロードします。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

 

 

今回はWindows環境なので「Windows Host 」を選択します。

 

ダウンロードしてきたらファイルを実行し、指示に従って進みます。

 

 

②Ubuntu16.04のISOファイルのダウンロード

 

Ubuntuの公式ページで過去のバージョンを探してもなかなか見つからなったので、

以下のページからISOファイルを取得します。

 

http://old-releases.ubuntu.com/releases/

 

今回取得するのは「Ubuntu 16.04.4 LTS (Xenial Xerus)」です。

 

 

③仮想環境構築

 

①、②が完了したらいよいよ仮想環境を作っていきます。

 

まずVirtualBoxを立ち上げ、「新規」を押します。

 

最初の画面で「名前」、「タイプ」、「バージョン」を入力していくのですが、ここで

注意しなければならない点があります。

 

今回の場合「タイプ」はLinux、「バージョン」はUbuntu(64bit)を選択するのですが、

もしかしたら選択画面に32bitしか表示されないかもしれません。

 

 

僕の場合はWindowsの仮想化支援機能がオフになっていたので、この機能を有効化することでうまく表示されました。

 

この機能の設定についてはまた別の記事でまとめます。

 

 

メモリーサイズを設定し、「作成」ボタンを押します。

 

次の画面でも同様に「作成ボタン」を押します。

 

 

 

これで無事にUbuntu環境が作成できましたので、次に仮想環境の設定を行っていきます。

 

 

まずホスト・ゲスト環境間でコピー・ペーストが行えるよう、

設定画面の「一般」→「高度」のクリップボードの共有、コピーアンドペーストを

「双方向」に変更します。

 

 

 

以上の設定が終わったら、最初の画面に戻り起動をクリックします。

 

 

Ubuntuの画面が起動しますので、画面の指示に従って進んでいきます。

 

途中いくつか確認項目がありますが、僕はデフォルトまま進めていきました。

 

言語設定は「日本語」、地域は「Tokyo」です。

 

パスワード等入力し終えるとインストールが始まります。僕の場合は10分前後かかりました。

 

 

 

インストール完了後、一度シャットダウンし、再度起動するとUbuntuの画面を表示することが出来ます。