PythonMania

普段はロボットとAIを組み合わせて色々作ってます。Python関係以外も色々投稿していくと思います。

【Python】DjangoでWebアプリ作成 日本語化してサーバー立ち上げまで

f:id:mizuhiki0111:20190430175940p:plain




DjangoでWebアプリを作成し、日本語化してブラウザ上で表示してみてみたいと思います。



環境
Windows10 64bit
Anaconda3
Python3.6.5




①環境の作成

conda create -n mysite

conda activate mysite



②Djangoのインストール

conda install django




③プロジェクトの立ち上げ

Djangoではまずプロジェクトを作成した後にアプリを作成していきます。

プロジェクト内には複数のアプリケーションを作成することが可能です。

プロジェクトを作成するにはdjango-admin startprojectコマンドを使います。

今回は「mysite」という名前でプロジェクトを作成してみます。

django-admin startproject mysite


プロジェクトが作成されると、プルジェクト名のフォルダ「myproject」が新規に作成されます。


プロジェクトのディレクトリに移動しておきます。

cd myproject



④アプリの作成

プロジェクトが無事に立ち上がったので、今度はプロジェクト内にアプリを作成していきます。

Djangoではアプリの作成も以下のコマンドで簡単に行うことができます。

(アプリ作成以外にも基本的にはプロジェクトフォルダ直下にある「manage.py」というプログラムを使って様々な作業をしていく形となります。)


python manage.py startapp アプリ名


今回は「myapp」という名前でアプリを作成します。

python manage.py startapp myapp


これでプロジェクト「myproject」内に「myapp」というアプリケーションを作成することができました。


アプリを作成したので、プロジェクトに作成したアプリを認識させる必要があります。

エディターで「myproject/myproject/settings.py」を開き、INSTALLED_APPSに今回作成した「myapp」を追加します。

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    "myapp"
]


⑤サーバーの立ち上げ



アプリを作成することができたので、試しにローカルサーバーを立ち上げてブラウザ上から

作成したアプリを見てみましょう。


ローカルサーバーの立ち上げもDjangoでは以下のコマンドで簡単に行うことができます。


python manage.py runserver


コマンドを打ち終えたら、ブラウザから「http://127.0.0.1:8000/」にアクセスしてみましょう。


以下のような画面が表示されれば成功です。


f:id:mizuhiki0111:20190506165758p:plain







⑥日本語化

日本語化をするにはプロジェクト内の「settings.py」を編集する必要があります。


エディターで「myproject/myproject/settings.py」を開き、以下の部分を編集します。


変更前

LANGUAGE_CODE = 'en-us'

TIME_ZONE = 'UTC'

変更後

LANGUAGE_CODE = 'ja'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

もう一度サーバーを立ち上げ、ちゃんと日本語表記になっているか確認してみてください。


以下のように表示されれば成功です。


f:id:mizuhiki0111:20190506165752p:plain